お酒買取店によって査定額が違う理由|

お酒買取専門店リカージョイ
MAIL
LINE

FAQ

お酒買取店によって査定額が違うのは何故ですか?

これまで切り盛りしてきた横浜の飲食店を閉店することになり現在、閉店作業を進めています。色々な業者に備品や什器の買取を査定してもらうため相見積もりをとっています。店は2階建てでそれなりの広さがあり、あちこちに収納していた古い食器や看板などすっかり忘れていたようなものまで出てきて、作業の終わりがまだ見えていません。酒類も多品種にあり、日本酒とビール、焼酎やウイスキーもあります。うちは和食の店だったので洋酒はほぼなく、お客様から要望があった時のみ取寄せておりました。在庫として残っている酒類も買取査定してもらおうと2社に見積もりをしてもらいましたが、一社ではビールは買取出来ないと言われ、それぞれの見積書を見ると査定額が違うので不思議に思いました。もう一社査定してもらってからどこに買取してもらうか決めるつもりです。査定額に差があるのは会社の規模や需要の差でしょうか?

answer

店によりお客様のニーズの違いがあるからでしょう

お酒買取専門店は数多く存在し、店によって買取したお酒の販売方法が違います。実店舗を持ち販売している店では店の家賃や従業員の給料などの運営経費がかかるため、買取額や販売額にも影響するでしょう。また、地域や場所によりお客様のニーズが異なります。日本酒の需要が高い店であれば買取を強化したいもの。確実に販売出来る自信があるので、買取査定も高く見積もってくれます。そこで欲を出して安い見積もりをすれば、別の専門店へ買取依頼に持って行かれキープしたいお酒を逃すことに繋がります。ワインが強い店であればワインの査定額が他の店より高いと言うように特異性が反映されるのが一般的ではないでしょうか。
ご相談者様のように複数の業者に相見積もりを取られて比較されるのは良いことだと思います。中には値段交渉が出来る店もありますので、試されても良いでしょう。
買取強化品は積極的に買取したいため、相談に応じてくれるはずです。

PageTop