横浜のお酒買取ブログ | お酒の買取ならスピード査定と現金支払の横浜のリカージョイにお任せ!

お酒買取専門店リカージョイ
MAIL
LINE

スタッフブログ

2022年06月23日 [お酒の紹介]

【シャトー・ラトゥール】世界的喜劇王チャップリンも愛飲していた有名ワイン

シャトー・ラトゥール

シャトー・ラトゥールの名前の由来



5大シャトーの一つであの世界的喜劇王チャップリンも愛飲していたことでも有名な「シャトー・ラトゥール」の名前の由来は櫓(やぐら)です。
西暦1337年から1453年まで続いた百年戦争の際に、畑の中央に敵を偵察する櫓が建てられたことからその名が付けられました。
その証拠にシャトー・ラトゥールのラベルには櫓が描かれています。
ちなみに、「La Tour」の意味は視察や偵察です。

シャトー・ラトゥールの生産地の特徴



シャトー・ラトゥールは、フランスボルドーメドック地区ポイヤック村の最南端のサンジュリアン村との境に位置しています。
シャトー・ラトゥールのグランヴァンに使われる畑は、ランクロと呼ばれる47ヘクタールの特別な区画で育てられおり、地質は表土が砂利質で水捌けはとても良いです。下層は粘土質なので根の水分を保ち、水不足の年でも地中の水分がブドウの樹を守ってくれます。
シャトー・ラトゥールのグランヴァンは、最低でも十年以上の樹齢のブドウが使用されており、平均樹齢は40年となっています。
畑には80万本のブドウの樹を有しますが、毎年全体の3%を植え替えされていて、新しい樹と古い樹が混在しています。ただし、収穫する際には新しい樹が分かりようにマークが付けられています。
シャトー・ラトゥールは5大シャトーの中で最初にビオディナミに転換したことから、2018年にはエコセールのビオロジックの認証を受けています。

シャトー・ラトゥールの特徴



シャトー・ラトゥールの特徴といえば、真っ先にコクのある味わいが挙げられます。
5大シャトーの中で最もコクのあるワインと言われていて、長期熟成に向いている男性的なワインと称されます。重厚なタンニンと凝縮した濃密な果実味が、筋肉質で力強い味わいを感じさせます。
とても寿命が長いことも特徴で、半世紀は最高級の品質を維持できるとされています。ラトゥールの真価は、20年以上熟成させたときこそ発揮されると言われていて、よく熟成されたラトゥールは、深くとろみのある芳醇な果実味が広がり、飲む人を魅了します。
また、ボルドーのブドウが不作な年でも、ラトゥールだけには外れがないと言われます。
その根拠となることとして、発酵後の熟成を全て新樽で行っていることと、最低でも樹齢10年以上の木から収穫したブドウしか使用しないことと、最初にステンレスタンクを導入して温度管理をしやすくしたことなどが挙げられます。

PageTop