横浜のお酒買取ならお任せ下さい。

お酒買取専門店リカージョイ
MAIL
LINE

横浜のお酒買取【ポイントとFAQ】

私たちは横浜でお酒の買取を行っています。ウイスキー、ワイン、シャンパン、日本酒など、あらゆる種類のお酒を高価買取いたします。
インターネットが普及した今では、実店舗以外にもお酒の買取をしているお店がネット上にたくさんありますが、お酒買取リカージョイの買取価格は業界ナンバーワンレベルです!そのうえで、私たちが提示した金額に満足できないというお客様に対しては、喜んで値段交渉にも応じています。
買取価格以外にも、できるだけお客様の要望を叶えられることを、スタッフ全員が常に心掛けていて、親切・丁寧なサービスを提供することはもちろんですが、できるだけストレスを与えないように、査定や入金のスピード感も大切にしています。

横浜のお酒買取

買取方法は、店頭買取、出張買取、宅配買取の3つを用意しています。宅配買取なら全国どこからでも取引可能で、商品が届き次第即日でお振込みさせていただいております。査定後の金額に納得いかなかった場合でも、商品返却にかかる送料を弊社が負担するので安心してご利用ください。
お近くにお住まいの方でも大量のお酒がある場合は、弊社スタッフがご自宅までお酒を引き取りに伺います。横浜以外でも、東京、埼玉、千葉など、買取金額や数量によってはそれ以外の地域にも無料で出張いたしますので、お酒の買取に関することなら、どんなことでもお気軽にご相談ください。

01お酒買取サービスとは

お酒買取サービスとは、その字の通りに、お歳暮やお土産などでもらった飲まないお酒を売って、お金に替えてもらうことです。
開封したお酒は買取してもらうことはできませんが、未開封であるお酒は古くても売却することが可能です。ただし、ビールや日本酒などの賞味期限があるようなお酒は、期限が過ぎるもしくは近づくと買取してもらえなくなるので注意が必要です。
それに対してワインやウイスキーなどは、古くなるほど高値が付く商品もあり、そのようなお酒はラベルが剥がれているなどの不具合があっても買取してもらえる可能性が高いです。
しかし、ウイスキーなど賞味期限が記載されていないお酒でも、年月が経つにつれて劣化は進みますので、未開封だとしても適当に保管しておくよりは早めに買取に出すことをおすすめします。
いつ大きな地震がきて高価なお酒を台無しにしてしまうか分かりませんので、よほどお酒に詳しくて、徹底した管理ができる人以外は欲張らないですぐに行動を起こしましょう。
お酒は一般的な買取業者でも取り扱いしていますが、なるべく高く売りたいなら専門の買取店を選択してください。専門業者なら1本1本丁寧に査定をして、その価値をしっかり把握したうえで適正価格を付けてくれます。

02初めてお酒買取店を利用するときに損をしないためには

お酒を初めて買取に出す方が失敗するのが、長く持っていた方が価値が上がると思ってしまうことです。
たしかにワインやウイスキーなどの年代物には驚くほどの価値が付くこともありますが、素人だとお酒の管理がきちんとできなくため、長く所有しているほどお酒を劣化させてしまい、価値を失わせてしまう可能性を高めてしまいます。
ワインについては色調が変わり、澱が多く発生することもあります。ウイスキーやブランデーは光に当たりすぎると色が薄くなってしまいます。
したがって、欲張らないで飲まないお酒はできるだけ早く買取に出すことをおすすめします。いつか飲むと思って家にため込んでいるお酒がある方も、そのときは来ないと思って早めに買取に出すことをおすすめします。
お酒をできるだけ高く売るには、買取店選びももちろん大事なポイントです。
近くにお酒の買取専門店がないという方でも、インターネットが普及した今では、ネット検索すれば簡単に専門店を見つけることができます。その中からできるだけ自分が所有しているお酒を高く買取してもらえるお店を見つけましょう。

初めてお酒買取店を利用するときに損をしないためには

03お酒を買取してもらうときに良くある3つのお悩み

1.レアなお酒を高く買取して欲しい
レアなお酒ほど、利用する買取店によって価格に差が出やすくなります。
お酒を専門に買取しているお店の方が、お酒に詳しく高値をつけてもらえることはほとんどの方が気づいていると思いますが、お酒買取専門店によっても得意分野が異なり、実績も違うため、自分が買取して欲しいお酒の種類に詳しくて、これまでの買取実績を確認すると、必然的に選択すべきお店が見えてくると思います。

2.どの査定方法を選択すればいい?
現在はネット上にもたくさんのお酒専門の買取店があって、電話やメールによる査定以外にも、いろいろな査定方法を用意しています。
その中でおすすめなのは、写真を添付できる査定方法で、メールやLINE査定などを利用して商品情報を明確に伝えて、商品の状態を詳しく写真でも伝えれば、正確な見積金額を提示してもらえる確率が高くなります。

3.買取方法はどれがお得?
お店によって買取の仕方は異なりますが、お酒の買取方法には店頭買取、出張買取、宅配買取の3種類が用意されています。
どれが最もお得ということを言い切ることはできませんが、お店に持ち込んだ方が、お店側の負担は少なくなるため、買取価格が高くなることが考えられます。
しかし、それよりもまとめ買いが価値あるお酒を買取に出すことで、高額買取を期待できます。

04お酒の買取で人気のウイスキーの種類を紹介

お酒の買取で人気のウイスキーの種類を紹介

お酒を買取に出すときには、以前お土産でもらったり自分がコレクションしていたりしたウイスキーを持ち込む方も少なくないようです。
お酒の買取店を利用する際に最も気になることは一体どのくらいの値段になるか?ということだと思いますが、ウイスキーには多くの種類があって、それによっても買取金額は変わってきます。
ウイスキーの種類は産地によって決まります。ウイスキーには世界5大産地があって、それは「スコットランド」「アイルランド」「アメリカ」「カナダ」「日本」です。
産地によってウイスキーの原料も製法も異なり、味わいも香りも大きく異なります。
スコッチウイスキーの大きな特徴はスモーキーな香りを楽しめるところです。香りは独特で、ほのかな甘みがあって、ウイスキーを初めて楽しむ方にも向いています。
軽やかな味わいを楽しみたいならアイリッシュウイスキーがおすすめです。
アメリカンウィスキーは、甘く柔らかい飲み口と、ほのかなスパイシー感があるのが特徴です。
カナディアンウイスキーの味わいはまろやかで、穏やかさを感じることができます。
日本のウイスキーは繊細な味わいが世界から評価されています。

05全国対応でお酒の買取を実施

神奈川県横浜市中区に拠点を構え、郵送買取にて全国対応でお酒の買取を行っています。担当買取や出張買取にも対応しています。
横浜市は、神奈川県の東部に位置する県庁所在地で、2021年7月時点で人口は377万人を超える政令指定都市です。東京特別区を除くと国内最大の都市で、横浜市は18の行政区で構成されています。
横浜市役所は沿岸エリアの中区にあって、市の中心地ということもあり商業施設が充実していて、横浜で人気の観光スポットも中区に集結しています。
横浜市は、横浜湾を中心に国際都市として発展してきました。2021年で開港162周年を迎え、日本の中でも最も歴史のある港の一つです。
横浜港には近未来的な街である「横浜みなとみらい」があり、横浜の大人気観光地である「赤レンガ倉庫」や、横浜のシンボルでもある「横浜ランドマークタワー」もあります。
港町としてのイメージが非常に強い横浜ですが、実は多彩な農産物の生産も盛んに行われています。たとえば、「浜なし」のブランドで知られるナシ栽培や、横浜ブランド豚肉「はまぽーく」が有名です。
農地が多いことから新鮮な野菜や果物も手に入りやすく、横浜は都会と住宅街と農地が混在した魅力的な街です。

06人気のウイスキーを買取店に売却したときにはどのくらいになる?

人気のウイスキーとは需要の高い商品ということになり、モノによっては定価の数十倍で売れるお酒もあるのが現実です。
お酒と言えば高級ワインや高級シャンパンの値段が高いことが有名ですが、ウイスキーでも高級品になれば何十万円の価格で販売されているモノもたくさんあります。
最近ではジャパニーズウイスキーの需要も世界的に高くなっていて、昔数千円で購入したお酒にも数万円やそれ以上の値段がつけられているケースも少なくありません。
もともと定価で10万円を超えていたような商品には、100万円以上の買取価格が付くこともあるので、家の中で古いお酒を眠らせている方は、一度お酒専門の買取店に査定してもらってみてはいかがでしょうか?

人気のウイスキーを買取店に売却したときにはどのくらいになる?

ジャパニーズウイスキーに高値が付きやすい理由の一つとしては、流通量が少ないことも挙げられます。数百本だけ限定で発売した高級ジャパニーズウイスキーには、プレミア価格がついてとんでもない価格で取引されることもあります。
もちろん、人気の輸入ウイスキーも高値で取引されていて、需要のある商品は高値安定が続いているのが現状です。ジャパニーズウイスキーのように価格が急上昇することはあまりないので、早めに買取に出すことをおすすめします。

07お酒を買取に出す前に知っておいた方が良い3つのポイント

01お酒にも賞味期限がある

ウイスキーやワインなど、年代物が高く売れるお酒もあるため、アルコールでできているお酒には賞味期限がないと思っている方も少なくないようです。
しかし、ビールや日本酒などお酒にも賞味期限があるものも多く、さらにウイスキーやワインでも保管状態が悪いとどんどん劣化してしまいます。
そのため、お酒の管理がしっかりできない方は、飲まないお酒はできるだけ早めに買取に出すことをおすすめします。

02お酒は専門店に持ち込むのがおすすめ

お酒を買取してくれるお店はたくさんありますが、お酒だけを専門に買取しているお店の方が高額買取を期待できると思います。
また、お酒はオークションやフリマサイトなどで売った方が高く売れる場合もありますが、壊れ物であるお酒は自分で取引するのが難しい商品でもあるので十分に注意しなければいけません。その点お酒専門の買取店なら、お酒の扱い方にも精通しているので安心です。

03付属品は捨てない方が良い

高いお酒になるほど、外箱が付いてきたり説明書が箱の中に入っていたりすることもあります。
お酒に限らず、何かを買取に出すときには付属品を合わせて出すことで買取価格をアップさせることができます。
自分で飲まないお酒を入手したときには、一緒に付属してきた全てのものを保管しておくことをおすすめします。

08お酒を買取に出すときには何を基準にしてお店を選べば良いの?

お酒の買取専門店が近くにないという方でも、今ではインターネットで検索すれば簡単に複数の専門店を見つけることができます。
さらに、そのお店が近くなくても、ネット上で営業しているほとんどの買取店は全国対応で宅配買取しているので、どこにいてもお酒を買取してもらうことが可能です。
ただし、店頭買取ではなく郵送や宅急便などでお酒を買取してもらう場合は、当然ながら送料や振込手数料が発生するため、その負担を誰がするのかでもお店の選び方が変わってきます。
多くの買取店は自社で送料も振込手数料も負担してくれますが、査定額に満足いかなくてキャンセルした場合はどうなるかも確認しておいた方が良いです。
あとは、お店によって得意分野があるので、その点も確認しておきましょう。ウイスキーの買取に強いお店もあれば、ワインの買取に強いお店があります。
さらに、ウイスキーでも銘柄によっては他のお店の方が高く買取してもらえるということもあります。そのため、できだけ高くお酒を買取して欲しいなら、面倒でもなるべく多くの買取店に問泡出て、1本ずつ見積りしてもらうことをおすすめします。
しかし、まとめて売ると査定額がアップする場合もあるので、その点も良く考えて取引先を決めてください。

09お酒を売るタイミングに関することでよくある相談とは

お酒を売るタイミングに関することでよくある相談とは

お酒の買取をはじめて利用する方から、お酒を売るタイミングや高値が付きやすいお酒の特徴などの相談を良くいただきます。お酒を売るタイミングは、それを飲まないと思ったときがベストと言えますが、それ以上にお酒には賞味期限があるものがあることを理解した方が良いです。
アルコールだから賞味期限はないと思い込んでいる方も少なくないようですが、実はお酒の多くに賞味期限があって、ビールなら約9カ月、清酒は約8ヶ月〜1年、酎ハイは約1年となっています。
賞味期限がないのはワインやウイスキーやブランデーや焼酎などの蒸留酒ですが、保存方法が悪いと値段がつかなくなってしまうこともあります。
また、買取はしてもらえても、高価なワインが二束三文の値段になってしまうこともあります。ワインセラーを持っていない人が、冷蔵庫などでワインを保管するのも良い方法とは言えません。
ビールや清酒や酎ハイなど、賞味期限が残っていても、期間が近づいていれば買取してもらえないと考えた方が良いです。
ワインなどはしっかり保管することで高値が付くことがありますが、素人なら飲まないお酒はできるだけ早めに売却した方が得をすることが多いと言えます。

10多く寄せられる3つの質問

質問 ワインを高く買取してもらうにはどうすれば良い?
回答 ワインは保存状態によって価格に大きな影響が出やすいので、きちんと保存する自信がない方は、できるだけ早めに買取に出すことをおすすめします。
どんなに有名な高級ワインでも、色が抜けていれば買取金額が0になってしまうことがあります。
未開封で、購入したときについてきた箱などが揃っていれば、高値が付きやすくなります。
質問 未成年がお酒を買取に出すときに必要なものは?
回答 お酒を買取してもらう際には、年齢確認もなる運転免許証やパスポートやマイナンバーなどの身分証明書が必要となります。
基本的に未成年者はお酒を飲むことができませんし、お酒を自分で買取店も持ち込んで買取してもらうことはできません。
買取をしてもらうときには親の同意が必要なので、そのことを覚えておきましょう。
質問 未開封でも買取できないお酒があるの?
回答 たとえ未開封だとしても、賞味期限が過ぎていると買取してもらうことはできませんし、衛生面で問題があるような場合は、再販できないため値段を付けてもらうことはできません。
ただし、ボトルのラベルが剥がれていても、中身が大丈夫なら買取してもらえる場合もあるので、とにかく一度査定に出してみましょう。

11買取業者選びの注意点

POINT お酒を買取してもらうお店を選ぶ大事なポイントは、お酒買取の専門店であること、自分が希望する買取方法がある、買取して欲しいお酒を高額買取してくれることの3点です。
お酒は、リサイクルショップなどでも買取してもらうことが可能ですが、お酒を専門にしていないとどうしても商品を鑑定する人の技量が問われます。その点、普段からお酒しか買取していないなら、お酒に詳しくプレミア付の高いお酒に間違って安い金額を付けられる心配も不要になります。
買取をする人にお酒の知識があればまだ良いですが、そうでない場合は何十万円もするお酒を数千円で買い取られてしまうようなこともあります。
お酒の買取はお店に直接持ち込む以外にも、郵送買取や宅配買取という方法もあります。お店によって買取方法が異なるので、自分が希望する買取方法に対応してもらえるかどうかも大きなポイントです。最近では遠方まで出張買取に来てくれる業者や、全国から郵送でお酒を買取している業者も増えています。
やはりお酒を買取してもらうなら、少しでも高く買取してもらえるお店を選びたいものです。お酒専門の買取店でも、お酒の種類によって得意分野がある場合も多いので、それを見極めて利用するお店を選んでください。

12お酒に関する専門用語

お酒に関することで、あまりよく知られていない用語は数多く存在しています。
たとえば「青冴え(あおさえ)」という言葉は、お酒の色を表現する言葉で、新酒時における青みがかかった光沢を持つものを指してそう呼ばれます。
「裏ラベル」というのは、酒瓶の裏側に付いているラベルのことで、そこには蔵元や原料や使用酵母などの情報が記されています。
「蔵人」とは、日本酒造りの従事している職人のことを指しています。
「寒造り」とは、日本酒を仕込む方法の1つで、気温の低い冬場に仕込むためそう呼ばれています。
「純米酒」とは、米麹のみを原料に醸造したお酒のことで、旨味やコクやふくよかさなどが強くでる特徴があります。
「醪造り(ぬかづくり)」というのは、仕込みタンクの中に酒母を入れて、蒸米、麹、水を数回に分けて加え、アルコール発酵を行う作業のことを指しています。
「三代季節酒」というのは、その名の通りに3つの季節ごとのお酒のことで、それは11〜3月頃出荷される「しぼりたて」、3〜8月に出荷される「夏の生酒」、9月〜11月にかけて出荷される「ひやおろし」の3つです。
「吟醸酒」とは、精米歩合60%以下まで高度に精米した米を使用して、ゆっくりアルコール発酵させるなどして特別に吟味して醸造した酒のことです。

FAQ一覧

お役立ち情報

頂きものやお土産で貰ったお酒
展開
どこで売るか悩みましたがこちらのお店が一番高い査定額でした
展開

PageTop